• 赤面!知ったかぶりと思い込みの果てに〜月は見ている〜

    by  • 2016年12月6日 • エッセイ・コラム, 人生 • 0 Comments

    夜食を我慢できるようになれた気がします。

    豊嶋です。

     

    60ウン年ぶりのスーパームーン。

    夜はロマンチックにデートでもしたくなるもの。

     

    男(豊嶋)は言った。

    「今日はバッチリだからね。任せておいて。ミラクルを起こすから」

     

    女はそっけなく。

    「へ〜そう〜。期待してるよ」

     

    「だから任せとけって!昨日の今頃、でっかい月がバッチリ見えてたからね」

     

    二人が向かったのは東海岸。

    今宵の月は東の海から昇る。

    11月の寒空の下、海から吹き付ける強い風。

    小雨もぱらついてきた。

    ”さむ〜さむ〜”言いながら、月の出を待つ。

     

    昨日と同じ時刻になった。

    あたりは真っ暗。水平線を凝視し、期待で胸は高鳴る。

    dsc04855

    月は昇りました。

    そのまま1時間後ぐらい待って。

    (豊嶋やっちゃった!!!相手方の視線がイタイ!!!)

     

    知らなかった。

    月の出時刻が1日で、1時間近くズレるなんて(月の出表で確認)

    ”日没と同じ感じでしょ”とタカをくくっていた。

    俺の田舎の小学校では教えてくれなかった(ウソ)

     

    思い込み。知ったかぶり。

    人の知識と経験からくる考え方なんて、その程度。

    短く少ない人生で学んだこと、それが全てと判断したりする。

    それを、あたかも当たり前で、正しいことかのように豪語する。

    結果、大外れで本人赤っ恥。付き合う方は、いい迷惑。

     

    次は失敗しないようにします(60年後)

     

    豊嶋航平


    About

    うさノート諜報部員。 ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。 面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。 大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。 人を笑わせて、笑顔にするのが好き。 人の話を聞くのが好き。 エロい話をこよなく愛する。 モチベーションは「自由」 生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。 効率が第一だが、計画性がない。 論理的思考で、深く物事を見つめる。 遅咲きの作家志望。 将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに) 感性集約思考型右脳派うさぎ男。 好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です