• 猛暑!エアコンいらずの一人暮らし避暑術〜節約&身体機能復活〜

    by  • 2015年8月12日 • 健康 • 0 Comments

    夏はシャワーに5回入ります。

    豊嶋です。

     

    日本の最南端、沖縄にて。

    夏。

     

    焼肉屋に入る。

    豊「寒っ」

     

    ハンバーガー屋に入る。

    豊「寒うーーーーーっ」

     

    恐ろしいほどエアコンが効いている。

     

    (なぜにここまで?)

     

    だいたいどこに行っても建物の中はエアコンが効いている。涼しい。

    次第に、その温度が体にとって普通になってくるんだろう。

    結果、かなり冷やさないとお客さんは涼しいと思ってくれない。

    だから、どんどんエスカレートする。

     

    (そういうことか。。)

     

    夏の沖縄だと、外気との温度差は10℃以上ある。

    段々に温度感覚が麻痺し、体温調整機能がオカシクなる。

    移住したての時の会話を思い出す。

     

    豊「うちはエアコンと車がないんですよ〜」

    友「え?どうやって暮らしてんの?エアコンなしで。沖縄で住むには、コレだけはっていう2つだよ!?」

    豊「あ〜そうですよね〜」

    友「・・・。」

     

    好きで沖縄に移住したのに、エアコンガンガンなら帰った方がいいと思っていた。

    「暑い」と文句垂れるぐらいなら帰った方がいいと思っていた。

    とか言いつつ、おかげさまで今の部屋にはエアコンが付いている(もらいもの)

    しかし使っていない。

    じぇんじぇん。

     

    猛暑猛暑と騒がれている昨今。

    日本列島の最南端で、果たして彼(オレ)はどうやって、沖縄の夏をしのいでいるのか!!!?

    その全貌に迫る!!!

    DSC03008

    すぐ答え:「水シャワーと扇風機」

     

    <準備するもの>

    ・扇風機(うちでは”エアコン”と呼んでいる)

    ・水シャワー

    ・タオル(必要に応じて)

     

    <手順>

    ①水シャワーをたっぷり浴びる。

    ②ゆる〜くタオルでふく(ここがポイント!)

    ③扇風機の前で仁王立ちする(あがったらすぐに!)

    ※注意:必ず上記の順番通り行うこと。

     

    <メリット>

    ・これで電気代、3000円ぐらい。

    ・ガス代は、なんと1000円しない(料理もしないんで)

    ・水道代は、1500円ぐらい。

    ・身体機能復活(結局部屋は30℃以上だから汗がでる!再入浴!)

     

    <条件>

    ・一人暮らし(?)

     

    以上、お金で解決するのは簡単。

    一方、工夫して解決するのは、達成感とか発明感とかが楽しい(自己満足)

    しかも、その「工夫」という考えは、万能でいろいろ応用が利く。

    便利な時代、コピペの時代、たくさんの物に囲まれた選択時代。

    こんな時代、あえて自分で考えて、一工夫してはいかがだろうか。

     

    え?仁王立ちのときの僕?

    もちろんフル◯んさ。

     

     

    豊嶋浩平

     


    About

    うさノート諜報部員。 ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。 面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。 大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。 人を笑わせて、笑顔にするのが好き。 人の話を聞くのが好き。 エロい話をこよなく愛する。 モチベーションは「自由」 生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。 効率が第一だが、計画性がない。 論理的思考で、深く物事を見つめる。 遅咲きの作家志望。 将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに) 感性集約思考型右脳派うさぎ男。 好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です