• 熟練の向こう側 〜前略、国際通りより〜

    by  • 2013年7月26日 • ビジネス, 沖縄 • 0 Comments

    ふー。

    飲みたいですか?

    飲みたいですよね。

    豊嶋です。

     

    今回はショートショートに。いつもですが。

     

    国際通りにも、今やたくさんのコンビニエンスストアがある。

    十数年前は、既存の店舗への影響と景観、文化を考え、なるべく通りに面する場所への出店は控えていたと記憶している。

    が、今では国際通りだけで、7店舗以上ある。

     

    振り向けばコンビニだ。(言い過ぎだという声が聞こえます。)

     

    そこで働く人々の話。

     

    沖縄には年間600万人の観光客が来るから、店員さんもかなりこなれる。

    毎回の 挨拶も何千回、何万回。

    こなれてくる、ある方向に。。

     

     

    研修中の店員さん

    「ありがとうございました。またおこしくださいませ〜。」

     

     

     

    熟練の領域(?)

    「ありがとーくだっせ〜。」

     

    (豊:ん?今なんて?パードゥン?)

    熟練の領域、再び。

     

    「ありがとー、くだっせ〜っ!」

     

    (豊:確かに言ったな。。)

     

     

     

    熟練の向こう側とは、 かくあるものなのだろうか。

    ちなみに東京、巣鴨の中華料理屋では、

    「ありがとござメーン」だった。

     

    こうして新しい日本語が生まれていく。(これは冗談ね。)

     

    豊嶋


    About

    うさノート諜報部員。
    ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。
    面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。
    大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。
    人を笑わせて、笑顔にするのが好き。
    人の話を聞くのが好き。
    エロい話をこよなく愛する。
    モチベーションは「自由」
    生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。
    効率が第一だが、計画性がない。
    論理的思考で、深く物事を見つめる。
    遅咲きの作家志望。
    将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに)
    感性集約思考型右脳派うさぎ男。
    好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です