• 普通!二時間かけても食べたいチャーハン〜目玉商品について考える〜

    by  • 2017年10月31日 • エッセイ・コラム, ビジネス • 0 Comments

    舌と体が肥えてます。

    豊嶋です。

     

    とあるローカル有名人の店。

     

    車で1時間。

    お店に到着。

    開店祝いということで、顔を出す。

     

    木曜日だというのに、店は8割方お客で埋まる。

     

    その店には、目玉料理「チャーハン」があった。

    噂のチャーハンで、ほとんどの客が注文していたと思う。

    だから、注文した。

     

    人気料理のため、注文からなんと1時間(計2時間)

     

    腹ペコ具合といい、待ちに待った的な気持ちで、チャーハンを食す。

    ※写真は今回のチャーハンとは関係ありません。

     

    フツー、すげえフツー(腹ペコなのに)

    しかも家の味する。

     

    そう、味ではないのだ。

    作ってる人の知名度だったのだ。

    そして、その有名人が作る希少価値だったのだ。

    それが、目玉商品となリエルのだ。

     

    無言で食す。

     

    帰りに感想を聞かれる。

     

    (ヤバイーー!!!!!!こんな時はあれだ。あの必殺ワードだーー!!!!)

     

    「ホッとする味ですね」

     

    無事、逃げ切り成功。

     

    豊嶋浩平


    About

    うさノート諜報部員。 ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。 面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。 大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。 人を笑わせて、笑顔にするのが好き。 人の話を聞くのが好き。 エロい話をこよなく愛する。 モチベーションは「自由」 生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。 効率が第一だが、計画性がない。 論理的思考で、深く物事を見つめる。 遅咲きの作家志望。 将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに) 感性集約思考型右脳派うさぎ男。 好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です