• 店選びで戸惑ったら?ガイドブックにない店舗情報〜向かえビジネス街〜

    by  • 2014年1月25日 • 沖縄 • 0 Comments

    欲しいものがあったら、とりあえず2週間はガマンします。

    豊嶋です。

     

    国際通りで、観光客らしき人に尋ねられた。

     

    母と娘の旅行のようだった。

     

    DSC00206

     

    観「沖縄料理を食べたいんですけど、ココら辺でおいしい店、知ってますか?」

     

    豊「えーっと・・・、基本的に、どこも美味しいと思いますよ。」

    (すみません。)

     

     

    娘さんは、そうですよねと言い、二人は悲しげな笑顔を残して去っていった。

     

    僕だって、教えてあげたかった。

    が、本当に知らない。

     

    なぜなら、

    地元民は観光者向け料理店で食事しないから。

     

    だが、いつも使ってるお店なら教えられる!

     

    美味しい、ラーメン屋、定食屋、日本そば屋。

    100円ビールがあるところ。

    飲み食べ放題2500円、2時間一本勝負。

    (安いとこばっかり行ってるな〜・・)

     

    でも、そんなところで良かったのだろうか。

    今となっては、真相はわからない。

     

    ただし、この件から、これだけは言える。

    地元の人が、ランチで使う店、飲みに行く店、接待で使う店がそろってる場所。

     

     それは、その土地のビジネス街!

     

    沖縄では、久茂地というところがそうだ。

     

    では、”値段も手頃なオイシイ店”を、誰が知ってるのか?

     

    それは、道端を歩いている地元会社員の方!(とくに営業っぽい人)

    ※ 彼(昔の自分)は毎日のようにランチ選びで悩み、常に近所の店を開拓している人だから。

     

    もし、旅先で店選びに迷ったら、ガイドブックは静かに閉じて、口の方を開いた方がよさそうだ。

     

    ※ この方法の注意点:

    ・土日祝日はオフィス街に人がほとんどいない。

    ・だからといって、苦し紛れに呼び込みのお兄ちゃんに聞かない。

     

     

    豊嶋


    About

    うさノート諜報部員。 ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。 面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。 大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。 人を笑わせて、笑顔にするのが好き。 人の話を聞くのが好き。 エロい話をこよなく愛する。 モチベーションは「自由」 生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。 効率が第一だが、計画性がない。 論理的思考で、深く物事を見つめる。 遅咲きの作家志望。 将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに) 感性集約思考型右脳派うさぎ男。 好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です