• 希少!沖縄で見つけた純喫茶〜穴から心意気が溢れだす〜

    by  • 2016年3月14日 • エッセイ・コラム, ビジネス, 沖縄 • 0 Comments

    高熱で寝込んでも体重が減りません。

    豊嶋です。

     

    まだまだ昭和がたくさん息づく街。沖縄。

    突然だが、沖縄で純喫茶を見つけるのは、実は結構難しい(大人の事情で)

     

    さて、とある日、市場での手伝いの合間、

    昼食をとることとなった。

     

    豊「せっかく来てるんだから、面白い店にチャレンジしましょうよ〜」

    知「そうね〜」

    豊「あそこなんてどうですか??」

     

    そこは2階にある喫茶店。

    入り口からは、一見さんを寄せ付けない雰囲気。

    昭和臭プンプン。

    階段を登り、扉を開ける。。。

    IMGP0348

    ※写真は記事と無関係です。

     

    なんと室内庭園が広がっていた。

    木のオブジェ。レンガ。噴水。小鳥さん。

    椅子はエマニュエル夫人仕様(知ってる?)

    メニューはといえば、ナポリタン、オムライス、クリームソーダ的な面々。

     

    もちろん注文したのは、ナポリタン。

    運ばれてくる熱々の鉄板ナポリタン。

    目玉焼きが乗っかてて、嬉しさ倍増。

    入店時からは想像できなかった安心感。

     

    豊・知「さ〜〜〜てっ、いただきま、、、」

    タバスコ&粉チーズをかけようとした刹那の衝撃が走る。

    IMGP0146

    よくある市販の円筒型の粉チーズ、

    でっかいほうの穴しか空いてなかったんだ(太っ腹!)

     

    チーズ好き、万歳。

    この店、万歳。

     

    安心感から、感謝の気持ちへ。

    店長?の心意気を見た。優しさを感じた。

    ほんの小さな穴が、感動を生んだ瞬間だった。

     

    どうせ掘るなら、落とし穴じゃなくて、こんな穴を掘りたい。

     

    豊嶋浩平


    About

    うさノート諜報部員。 ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。 面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。 大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。 人を笑わせて、笑顔にするのが好き。 人の話を聞くのが好き。 エロい話をこよなく愛する。 モチベーションは「自由」 生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。 効率が第一だが、計画性がない。 論理的思考で、深く物事を見つめる。 遅咲きの作家志望。 将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに) 感性集約思考型右脳派うさぎ男。 好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です