• 実態!沖縄県民の台風の過ごし方〜ビルが揺れる暴風雨〜

    by  • 2014年7月6日 • 沖縄 • 0 Comments

    台風が来ると、ざわつきます。

     

    公共交通機関がストップすれば、その日は自宅待機となります。

    慣れっこの沖縄人は、台風で会社が休みの時どうするか?

     

    沖縄に移住した当初、アドバイスをもらいました。

     

    「外に出れないから、きちんと買い溜めしとくんだよ」

    (やはりおそるべし。オキナワの台風。。)

     

    前日にしっかり買いだめしたものでした。

     

    さて台風当日。

    まあ当然、外は猛風雨です。

    だけど。。

    IMGP2149

    (台風直前の空の色はピンク色)

     ぎょうさん車走ってるやん(エセ)

     

    タクシー走ってる。

    みんなどっかへ遊びに行ってる。

    店に飲みに行ったって?

    DVDを大量に借りた?

    むしろ映画館は稼ぎ時だってー!?

    え、ボーリング場も?

     

    (慣れって怖い。。)

     

    沖縄県民は台風を楽しむスキルを持っています。

    台風を見切ります。

     

    そういうわけです。

    だから、もし沖縄観光に来て台風にあたっても、それなりに楽しもうと思えば楽しめます。

    ただし、さすがに車も走ってなければ、マジで危ない台風なので県民も自宅待機。

     

    そういうときはおとなしく、

    沖縄のつまみで、オリオンビールと泡盛を飲み比べするとか。

    その悔しい気持ちをバネに、次回の沖縄旅行リベンジの計画を練るとか。

    ガンプラ作るとか。

    ※とっておき情報

    雨でも大丈夫!沖縄の天気を気にしない旅〜全天候対応型観光のご提案〜

     

    一応言っておきますと、ひどい時は、

    風で、ビルが揺れます。


    About

    うさノート諜報部員。 ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。 面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。 大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。 人を笑わせて、笑顔にするのが好き。 人の話を聞くのが好き。 エロい話をこよなく愛する。 モチベーションは「自由」 生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。 効率が第一だが、計画性がない。 論理的思考で、深く物事を見つめる。 遅咲きの作家志望。 将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに) 感性集約思考型右脳派うさぎ男。 好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です