• 夏草や兵どもが夢の跡〜沖縄女子フットサル大会daimonCUP〜

    by  • 2013年9月25日 • 特集, 進撃の女人 • 0 Comments

    終わった。

     

    ある人たちにとっての、一つの大きなイベントが終わった。

     

    女性の女性による女性のためのお祭り、daimonCUP。

    DSC_2212

     

     

    大会は大いに盛り上がり、大入りの大成功に終わった。

    勝者と敗者。汗と寝不足。スタッフと参加者と観戦者。

     

    全部が一体となって花開いていた。

    DSC06736

     

    スタッフはホッと安堵の表情。

    参加者は、運動後の晴れ晴れしい疲れと笑顔と来年の抱負を持ち帰った。

    観戦者は、見応えある試合と、心のこもったおもてなしを受け取った。

     

    皆の協力なしには、成し遂げられなかっただろう。

    一人の強い意志なしでは、成し遂げられなかっただろう。

     

    全員の力で、今年もまた大輪の花が咲いた・・・・・・・

    DSC_2708

     

    ・・・・そう、当日見たのは花の部分。

    花は、根、茎、葉があって花開くのであります。

     

    (以下は、憶測も所感も入りますんで、うさノート責任の元でお送りします。)

     

    大会当日までの裏側を追い続けたうさノートは、

    本大会の陰日向に目を向け続けていた。

     

    だから、華々しい部分は他メディアに任せ、

    花以外の部分についてちょっと書いときます。

    DSC07845

     

    この大会イベントには多くの人が尽力・関係していた。

    特に主催者側では様々なことを乗り越えていった。

    DSC07855

     

    深夜まで続く準備作業。グッヅ作成。当日の運営の詰め、取材対応、etc。

    大会PRで、一日に沖縄本島を幾度と無く北へ南へ。うるま市、沖縄市、那覇市。ガス欠。

    手厳しい指摘。なめられる場面。横柄な人。失礼な人。高慢と偏見を目の当たりにすること。

    思い通りに進まないスケジュール、タスク。発生するトラブル。ミス。失念。

    運用資金の工面。交渉。遠回しの断り文句。空振り。骨折り損。無駄骨。

    あいさつ回り。頭下げまくり。 折れそうになるプライド。自問自答のモチベーション。

    不安が頭をよぎるが、臆さずかけまくる電話。無茶なアポイント時間とタイミング。

    もっと多くの人に、もっと喜んでもらうにはどうしたらいいか。 動きながら、最後の最後まで。 DSC07747

     

    迎えた当日にも物語はあった。

     

    優勝者に群がる人達の一方で、円陣になり閉場までミーティングするチーム。

    大会までに、念入りに作戦を考え、何度も練習し、調整し、挑戦した。

    自分らの力を出して、奮闘して、優勝者に負けず劣らず大会を盛り上げたチームばかり。

    さらに、大会自体の運営を当日の朝から人を出し、サポートするチームもいた。

    優勝こそしなかったが、僕はそんなチームの方々の姿も心にしっかり残っている。 DSC_3436

     

    そして大会を支えるスタッフ。

    僕がジョークを言ったら、それに付き合ってくれた。

    実は前日の準備で寝不足なのに、全くその素振りも見せずに。

    当日、エアコンの効かない体育館を走り回って。

    もっとカリカリしてたり、ドロドロの無表情でもおかしくなかったはず。

    最後まで、笑顔と集中力は切れていなかった。

    長い時間、夜遅い時も、忍耐強く支え続けたスタッフ。

    DSC07712

    DSC_3428

    DSC07075

    DSC07147

    DSC07036

    DSC06755

    DSC07554

    DSC06804

    DSC07080

    DSC07083

    DSC06809

    DSC07513

     

    観戦に来てくれた人。

    大会を盛り上げてくれた。時間を割いて、ガソリン代をつかって。

    友人に今日の話をしてくれていただろうし、してくれるだろう。

    そして、来年は多くの人を呼び込んでくれるだろう。

    DSC06578

    DSC07733

     

    サポートした企業や団体。

    決して余裕はないこのご時世。

    腹を決めて、協力した。

    DSC07529

    DSC07534

    DSC_2857

    DSC07725

    DSC07552

    DSC06777

    DSC06951

    DSC07544

     

    皆でこの大会を作り、高めた。

    そこには、数字や表には現れない、それぞれにとっての成果が確かにあったと信じたい。

    DSC06596

     

    コレが、うさノートが見て、感じたこと。

     

    だが、うさノートでも、今回全てを追うことは出来なかった。

     

    僕が見たものも、10あるいは1000あるうちのホンの1、2個にすぎないだろう。

    そして、今回来場・参加した人が見たものは更にそのホンの一部だ。

     

    この大会の1つの成功の裏には、その影に9つの失敗があったと思う。

    その日見た1は、華々しく、素晴らしく、

    「すごいな、俺には無理だな。」と思わせる。

    だが、9失敗していることが表に出ることはない。

     

    やると決めて、

    乾いた砂で砂山を作るように、手からほとんどの砂がこぼれていっても、

    山の斜面がずるずる崩れ落ちても、何度も何度も積み重ねつづけて、

    自分が思うような高さにしていった。

    DSC07977

    それを純粋にやり続けただけだった。

    意識は高く、マズイ所は素直に修正しながら。

     

    最初から咲くことが決まっていた花じゃないことを、

    彼女とスタッフは、よくよく知っている。

     

    だから、最後はどんなことがあったとしても、全員の感謝の気持ちで締めくくられる。

    DSC06692

     

     

     

    「ありがとうございます!!!」

     

     

     

    からの、次の日貸し切りビーチパーリー&ビーチサッカー。(午後の部)

    DSC07962 DSC07890

    DSC07935

    DSC07949

    DSC07959

    DSC07967

    DSC08034

    DSC08016

    みんなホントに元気ね。

     

    <沖縄女子フットサル 大会daimonCUP>

    http://daimon-okinawa.com/daimon-cup/

     

    以上です。

     

     

     

     

     

    短い間でしたが、お付き合いいただき本当にありがとうございます。

    あと、快くインタビューに応じてくれた全チームに、心より感謝いたします。

     

    それでは、またチャンスがあれば。

     

    ウサノートでした。

    DSC06540

     

    次回予告「うさノート、大いにふざける。」

     

     

    豊嶋


    About

    うさノート諜報部員。
    ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。
    面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。
    大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。
    人を笑わせて、笑顔にするのが好き。
    人の話を聞くのが好き。
    エロい話をこよなく愛する。
    モチベーションは「自由」
    生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。
    効率が第一だが、計画性がない。
    論理的思考で、深く物事を見つめる。
    遅咲きの作家志望。
    将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに)
    感性集約思考型右脳派うさぎ男。
    好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です