• 売上の行方は?コンサルタントの処分は如何に!〜黒尽くめの男、再び〜

    by  • 2014年2月4日 • ビジネス • 0 Comments

    ※この話は実話を元にしています。

     

    黒尽くめの男は、その場所にいた。

     

    沖縄某所において開かれた会合。

    各界の名だたる面々が揃った。

     

    各メンツ、一癖も二癖もありそうな連中ばかりだ。

    皆、沖縄のブツを扱っている。

    オレは、ある会社代表の身分をかぶり、この会合に潜入した。

     

    それぞれのテリトリーを持つメンバーが、商売の話をする。

    内容は、昨年依頼を出したコンサルタントの処分について、どうするかということだった。

    コンサルタントをテーブルの前に立たせ、それぞれ一番の稼ぎどきであった年末のアガリを報告しあった。

     

    「うちはゼロだ。全然ダメだったぜ。どうしてくれんだ先生よ!」

    「まあ、落ち着け。俺んとこは、去年と変わんねえな。」

    「ウチもだ。」

    「ウチは、一応50%アップだ。若い衆のいい経験になった。」

     

    一同が黒尽くめの男の顔を見る。

    メンバー「最後はアンタが決めてくれ。なあ、どうする・・・?」

     

    黒尽くめの男は、時間をおいて口を開いた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    blackman

    黒「俺、3000%アップ。」

     

    (うひょーーーーーーーーーーーー)

     

     

    ※以上は某ECセミナーの結果報告の様子です。

     

    豊嶋


    About

    うさノート諜報部員。 ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。 面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。 大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。 人を笑わせて、笑顔にするのが好き。 人の話を聞くのが好き。 エロい話をこよなく愛する。 モチベーションは「自由」 生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。 効率が第一だが、計画性がない。 論理的思考で、深く物事を見つめる。 遅咲きの作家志望。 将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに) 感性集約思考型右脳派うさぎ男。 好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です