• 人生変えたい?じゃあ写真だ。〜種飛ばしチャンピオンが語るカメラを持つ意義〜

    by  • 2014年1月12日 • 人生 • 0 Comments

    鼻が気になります。

    豊嶋です。

     

    ある種飛ばしチャンピオンにまつわる話。

     

    国際通りで、イベントが催された。

     

    その名も、

    「第一回、梅干しの種飛ばし大会」(3年経って、いまだ一回しかやってない)

     

    そこにチャンピオンはやってきた。

    全国の種飛ばし大会を総なめしているという。

     

    きっかけは、たまたま出た種飛ばし大会で優勝し、

    その時に神の啓示を受けたため。

     

    大会当日。

    ベロンベロンに酔っ払って、朝から酒くさいチャンピオンは見事に敗退した。

     

    そして、主催者側が最後に試しでやってみた。

     

    最長記録を出して司会が優勝。

     

    飛び上がって喜ぶという悲惨な結末に。

    (本当にひどい。司会者本人は悪気が一切なく喜んでて、ヤメロと言ったが手に負えなかった。)

     

    大会後、引きつった笑顔のチャンピオンと当たり障りないように語らう。

     

    豊「(えーと・・)そのカメラ、いいですね。」

     

    チ「写真はいいですよ!始めたほうがいいです。」(キラっ)

     

    豊「なんでですか?」

     

    チ「良いもの探しをするからです。」(キラっ)

     

    豊「お!?ほう。」

     

    チ「写真撮る時って、何か良いものを撮ろうとするじゃないですか。ということは、外出した時に良い物を自然と探すわけですよ。生活の中で、良い物に触れる機会が生まれるということです。それって人生にとっても、良いことですよね。だから安いカメラでいいから、買ったほうがいいです!」(キラっ)

     

    たしかに。

     

    一人でいるキミに、ニーチェが言ったはずのこの言葉を送ろう。

    DSC09378

    孤独は人をだらしなくする。

    孤独は、キミのこころと体を劣化させ、段々と腐らせる。

    部屋を出よう。

    外に出よう。

    街並に出よう。

    人混みに交じろう。

    体と心を働かせよう。感じよう。

    そのことは、キミを新しくし、なめらかな人間にする。

     

    で、とりあえずカメラを買おう。

    外に出かける良い理由になる。

     

    そして、もしキミが撮った写真をどうしようか迷ったら、

    そのときは、その写真をうさノートに送ってくれ。(素材としてありがたく頂戴します。)

     

     

    豊嶋


    About

    うさノート諜報部員。
    ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。
    面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。
    大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。
    人を笑わせて、笑顔にするのが好き。
    人の話を聞くのが好き。
    エロい話をこよなく愛する。
    モチベーションは「自由」
    生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。
    効率が第一だが、計画性がない。
    論理的思考で、深く物事を見つめる。
    遅咲きの作家志望。
    将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに)
    感性集約思考型右脳派うさぎ男。
    好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です