• やべ!見た目の重要性とカオスの存在〜きったないラーメン屋さん〜

    by  • 2016年2月4日 • ビジネス, 沖縄 • 0 Comments

    今年は楽にいきたい。

    豊嶋です。

     

     

    「小汚いラーメン屋ほど旨い」

    そんな都市伝説を証明したかった。

     

    車中で目に止まったラーメン屋。

    黄色い看板が、いかにも汚らしい印象だった。

    しかしながら、家族連れが店内にいることを確認。

     

    (これはもしや、隠れた名店!!!?)

     

    チャレンジする。

    店内に入る。

    ふとカウンターを見る。

     

    (うお!!!!)

    DSC_5239

    ※写真とこのお店とは無関係です。

     

    無人のカウンターの上に繰り広げられる惨状。

    半分以上食い残された、餃子ライス。

    破片散らばる、割れたままのコップ。

    (あ〜、やばい、やばい、やばい、やばい、やば・、・・・)

     

    震えた。

    (負けない)

     

    テーブル席に着く。

    ティッシュで、テーブルのラー油と醤油を拭く。

    (踏ん張る。持ちこたえる)

    醤油ラーメン、チャーハン、餃子を注文する。

    食す。

     

    (家で作った方が旨いかもおおおおおおおおおおおおお!!!!!)

     

    で、

    ゲキ不味かというと、そうではない。

    まあ、食べられないほどではない。

    これが、キレイな店で、キレイな器で、キレイなお姉さん?が運んできたなら、

    人はきっと美味しかったと感じるんではないでしょうか?

     

    今回は、

    「見た目で判断しちゃいけない」ということと、

    「見た目はすごく大事だよ」ということを教えていただき、

    本当にありがとうございました。

     

    それにしても、割れたコップと破片をカウンターに放置はカオス!!!!

    ※店を出る前、餃子定食とコップはキレイに片付けられました。結構忙しいんですね。

     

    豊嶋浩平


    About

    うさノート諜報部員。
    ライター兼イラストレーター兼カメラマンを担当。
    面白くないことでも、なんとか面白くしようと努力する。
    大まじめなことも、どうしてもふざけて伝えてしまう。
    人を笑わせて、笑顔にするのが好き。
    人の話を聞くのが好き。
    エロい話をこよなく愛する。
    モチベーションは「自由」
    生まれ持ってのリーダー肌で完全志向。
    効率が第一だが、計画性がない。
    論理的思考で、深く物事を見つめる。
    遅咲きの作家志望。
    将来の夢は、緑化で地球環境を守ること!(まじめに)
    感性集約思考型右脳派うさぎ男。
    好きな言葉「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由になる」「どっちにしろ失敗する可能性があるのなら、好きなことに挑戦した方が絶対に良い」

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100005669946963

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です